あなたは都心派?それとも地方派?

もしも家を建てるなら

家を建てるなら、誰もが一度は憧れる注文住宅ですが、分譲、建売、マンション、中古物件などと比較すると価格的にも高いイメージです。
あくまでイメージなので高いマンションもあると思いますし、安くて良質は注文住宅もあると思います。
それはともかく、戸建ての家を建てるとしたら、まず最初に考えるのはどの場所に建てるかです。

都心に建てることができればいいですが、やはり地価がどうしても高いです。
しかし、会社には近いし買い物ほかいろんなところにアクセスもいい。
将来のことを考えると資産価値があるのも魅力です。
生活の快適さを優先したらゆずれないという方も多いのではないでしょうか。
一方、あえて地方を選ぶ人もいると思います。
地価が安くなる分、家は広くなりますし、場合によっては庭など、緑とゆとりある設計が可能になるわけです。

通勤時間が多少かかったとしても、ゆったりとしたスペースで癒されるのならば、普段の忙しさも我慢できる、なんて人もいると思います。
趣味が庭いじりや家庭菜園なんて年齢に関係なくハマります。
それぞれ魅力があるのでどちらかに決めることはできませんが、このニ択は永遠のテーマかもしれませんね。
今、日本では人口減少が続く中で、住宅の中古物件の需要も増えており、新築の着工もあまり増えていないと聞いたことがあります。
家を単に資産としてのみ捉えることもできませんし、また環境がよければ遠方でもいいというわけでもないです。
自分が納得できる基準で満足できる家を選びたいものです。

都心か地方か、それが問題だ

家を買うというと広く言えばいろいろありますよね。 家を土地から購入して建てる場合もそうですし、または建売や分譲で購入する方法もあります。 マンションを購入することも家を買うことです。 もしも家を買うとしたら、可能かどうかは置いておいて、少し想像してみます。

それぞれのメリット

都心か地方か、ある意味究極の選択なわけですが、どちらがいいかなどと比べる前にそれぞれのいいところを調べてみたいと思います。 家は大切な財産でもあり、そこに住む人にとって休息の場所でもあり、子どもがいれば大切な教育の場ともなるわけです。 自分にとって、いい家をみつけたいですね。

それぞれのデメリット

一長一短という言葉があるように、家を建てる場合に都心か地方かという選択もある意味では決められないことなのです。 物事に完全なものがないように、誰にとっても理想的な家は存在しないです。 都心か地方かのメリットを挙げましたが、デメリットを挙げてみます。 なにかわかるでしょうか。