あなたは都心派?それとも地方派?

それぞれのメリット

都心で戸建てのメリット

都心で戸建てというとまず勤務先やすべての場所へアクセスがいいというのが挙げられますが、マンションに住んでもこれは同じです。
最近、都内マンションの価格が高騰しているのはニュースでもよくみかけますが、実はこれは投機目的もありミニバブル状態なのだとか、ほしい人がたくさんいるわけではないようです。
投資や投機目的などの市場に価格が左右されない一戸建ては、都内ではもちろん土地は高いですが、床面積でマンションと比較するさほど価格差がないようです。

狭い都心のマンションか、広い郊外の遠い一戸建てか、というよく言われる比較は現状ではなりたたなくなっているようです。
そう考えると都心に戸建てを購入する大きなチャンスとも言えますね。
金利政策やローンなど、経済状況を考え合わせると、あきらめずに検討する価値があります。

郊外や地方で戸建てのメリット

都心の戸建てでも、郊外や地方で戸建てでも、戸建てのメリットはやはり自分たちだけのスペースを確保できる点が最も大きいのではないでしょうか。
つまり、土地も合わせて購入するので、自分の敷地内であればそこは自由に活用できるという点です。
郊外や地方であれば、都心よりも広い土地が購入できるので、駐車場にすることもできますし、庭やガーデニングなどももちろん可能です。

また、戸建ての大きな特徴でもあるプライバシーが守られているという点です。
集合住宅ではないので、音などはストレスなく自由な環境があると言えます。
また、子どもの成長段階や生活の変化に合わせて増築やリフォームも可能なのも魅力です。
戸建てだけの特徴として、土地部分の資産価値が築年数が経過しても残るということもあります。